電話代行サービスの注意点

business men

電話代行とは、別名として電話秘書、秘書代行と呼ばれることもあるサービスです。例えば外出中、会議中、あるいは繁忙期などのように、自分自身で電話に出ることが難しい場合に、自分に代わって電話に応対してくれるサービスです。

いわば秘書のような役割を担ってくれることから、
別名のように呼ばれることがあるわけです。

とくに小規模な会社、個人で事業を展開している人で、ちょうど仕事が軌道に乗ってきて顧客からの問い合わせが増えつつあるが、
応対する人の数や時間がまだ足りていないような場合には非常にありがたいサービスで、軌道に乗ってきているにも関わらず顧客からの注文をみすみす逃がしたり、あるいはクレーム対応を誤ったりすることを避けることが期待できます。

ただし、利用する場合に注意するべきことがあります。このようなサービスではよくあることですが、
提供されるサービスについて、お互いの認識が異なることがあるからです。

考えても見て下さい。秘書というのは実は非常に高度な仕事です。
電話代行サービスに、本当の意味での秘書の仕事そのものを期待する人はあまりいないでしょうが、
どこまでの仕事を期待するのか、いくらで実施できるのかはしっかりと認識のすり合わせをしておかないと、こんなはずではなかった、これではいくら忙しくても自分で対応したほうが良かった、かえってトラブルが増加した、などということになりかねません。

電話代行サービス提供会社によっては試行期間などを設けていたりしますから、それを利用するのも一つの考えです。